いよいよ明日から…
いよいよ明日から、Tシャツの回収をはじめます。

現在、銀座経済新聞の一面に堂々と紹介されています。
記事は、コチラ

皆さまのご協力、よろしくお願い申し上げます。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
枝豆バイブル
41CdAQKO2TL__SL500_AA240_.jpg


皆さま、いよいよ梅雨も明け、夏到来!
夏と言えば、海だ!山だ!スイカだ!ビールだ!枝豆だー!

お酒が好きなわたしは、どうしてもビールだ!枝豆だー!
となってしまうのですが…。

今日は、皆さまにとある本をご紹介いたします。

わたしの仲間でもあり、友人でもあり、
最近は、密かなブームを巻き起こしている、
「枝豆王子」こと、ミュージシャンの児島啓介さんが、
本を出版しました。

その名も、

『いつだって枝豆!』

早速読んでみると、美味しい枝豆の茹で方から、
(「3・3・マメ拍子の法則」って知ってます?)
枝豆を使った料理レシピ、枝豆の栽培方法まで、
枝豆にまつわる話題が盛りだくさん。
そして、イラストが非常に可愛くて、配色もきれい。

「なるほど、枝豆ひとつでこんなに世界が広がるのね」
と思わず感心してしまう。

思えば、王子が枝豆に着目し動き出したのは、2~3年前の春。
田舎日記(現在、FDIの親会社が企画運営するイベント)で使っている畑で、枝豆を栽培し、その収穫イベントがスタートでした。(と思う)その頃は、枝豆が育ち過ぎて、大豆に近くなってしまったり、で、王子も田舎日記の畑スタッフにいろいろと聞きながら、勉強していました。
初めて、王子に食べさせてもらった枝豆料理は、枝豆アイスクリーム。
少し硬かったけれど、非常に美味でした。

それから、王子は枝豆・えだまめ・エダマメ・edamame…と、
枝豆を追いかけ、生産者のところへ赴き、畑から研究、
料理レシピもみるみる増え、密かなブームになっていき…。
そして、今回の本の出版。
是非、手に取ってみてください。
ひとつの食材で、こんなにも話が広がる、と思うと、
毎日の食をおろそかに出来ない気さえしてしまいます。

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
有楽町マルイでTシャツを回収します!
FDIのHPが、日々少しずつ更新されていることに
お気付きの方はどのくらいいらっしゃるのでしょう…。

昨日、やっと次なるイベントinfo、そして詳細ページをUPしました。

期間限定で、有楽町マルイさんの店頭で、
皆さまからの不要になったTシャツを回収いたします。
http://www.friendlyday.org/200807_marui.html

7/22(火)~8/10(日)に、
有楽町マルイ1Fイベントスペースに、

「センス オブ ライフ ソーシャル セレクト ストア」

が期間限定オープン。
その中のコンテンツのひとつに、
リユースTシャツプロジェクトを採用していただきました。

約3週間のイベント期間中に、

1. 皆さまからTシャツを回収

2. 集まったTシャツをリユース、
  オリジナルのリユースTシャツを制作

3. 8/9(土)10(日)に、店頭販売

こんな流れで、Tシャツをリユースします。
皆さまのご協力、お願い申し上げます。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
ベビーマッサージ
いよいよ九十九里に戻り、

子育てと、
家事と、
ほんのちょっとの仕事と、

を楽しんで生活しております。


今日は、海にほど近いところにある助産院に、
ベビーマッサージに参加して来ました。

先日のアースガーデン夏で購入した、
オーガニックホホバオイルを使って、
自己流で息子にベビーマッサージをしてみたものの、
やはり、これでいいものかわからず、
結局、オイルは、わたしのクレンジングや保湿に回されていました。


そこで、今回のお声がけ。


行ってみると、本当に海の近くの助産院でした。

陽がさんさんと降り注いで、(暑過ぎか…)
静かで、
広大で、

まさに「自然のちからを借りてお産をする」のに絶好の場所のような気がしました。

そこに集まるベビー、約10名。
みんなが裸ん坊になって、マッサージ。

「あんよ、あんよ、あんよ~」と声をかけながらマッサージ。


息子は、意外も意外、
きゃっきゃっ喜んでマッサージを受けていました。
オイルのベタベタも嫌がらなかった。

そして、今はぐっすり夢の中。


マイペースに少し続けてみようか、と思っています。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
季節のものを楽しむ
20080626211250.jpg


その季節季節のものを楽しむのは、なんとも贅沢なことだと思う。

先日、いつもは押し花の先生をしているおばに、
「ラベンダースティック」なるものの作り方を教えてもらった。
生のラベンダーの香りに包まれての作業は、
非常に優雅で、心地よいものだった。

そのラベンダーは、おばが自分で育てたもの。
その数、なんと40株もあるという。
(ひと株は、幅150センチぐらい)
わたしは、その畑には行ったことがないけれど、
きっと一瞬、北海道の富良野を連想させるような空間…?!
その表現は大袈裟までも、少なくともわたしは、
そんなに多くのラベンダーが植わっているところを見たことがない。
心地よい空間であることは間違いないだろう。

ラベンダーは、夏に植えて、年明けた今頃に咲くらしい。
早速、わたしも数株植えてみようかな、と思う。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する