twitter
いまさらですが…

「twitterやっています!」

日々の生活から改めて感じるFDIの想い、
それを体現するイベント情報、
藤田のプライベート、息子のこと、
さらには、他事業の農業のことまで、
いろんなことを呟いています。
思ったことをそのまま。
中には、地元の友人とのバカ話もあったり…?!

@FriendlyDay 

もし良ければ、フォローお願いします!

@MODEforCharity もよろしくね!
固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | この記事を編集する
ママアンドキッズ
「ママアンドキッズ」というスキンケアをご存知ですか?!
その名のとおり、ママとキッズ(ベビー含む)が一緒に使えるスキンケア。
もちろん、ママ用ラインもあります。

実は、この夏にユーザー全員(なんと15万人!)に配られる冊子のなかで、
わたしと息子が、「ユーザーモデル」として登場しています。
4ページにわたり、わたしの仕事について、生活について、
そしてさらには、子育てモットーについても書かれています。


2010-06-30 21.46.27.jpg

2010-06-30 21.47.55.jpg

2010-06-30 21.47.30.jpg


ウェブ版は、こちら
冊子の記事と、少しだけ内容が違うみたいです。

固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | この記事を編集する
ビーチクリーン
今日は、急遽ビーチクリーンに参加。

息子にとっては、人生初!

この浜には、そろそろウミガメが産卵しに来る。
「カメさんが間違ってごみを食べないように綺麗にしようね」
と、息子に話し、挑んだものの…
息子が拾ったゴミは、たったの5つ。
ま、今日は初回。良しとするか。

2010-06-16 13.55.24_s.jpg

2010-06-16 13.58.27_s.jpg

2010-06-16 13.58.34_s.jpg

2010-06-16 14.29.04_s.jpg

2010-06-16 14.29.16_s.jpg

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
『私のカントリー』
00000601_3.jpg

3日ぶりの自宅です。
先週末は、打ち合わせ&イベントがあり、
息子と共に実家に滞在していました。

そして、今朝は家事。
不在にしていると、やることがたまっています。
今日が晴れで良かった!

さて、本日発売の『私のカントリー』(主婦と生活社)に、
「リユースTシャツ」の記事が掲載されています。

「COUNTRY NETWORK」というページで、
冒頭に、「地球のために何かできないかな?
ヒントをもらいに、エコを体験できるイベントに行ってきました!」
と、大きく書いてあります。
記事は、とても小さいですが、
わたしたちが伝えたいことをギュッと的確に書いてくださる
丁寧で心温かい担当者さんに感謝です。

機会があれば、是非手に取ってみてくださいね。
ナチュラルな暮らしのヒントがたくさん!
気持ちのいい雑誌です。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
デザインは世界を変えられるか
2010-06-13 18 39 06.jpg

先日、このブログでも紹介させていただいた
『世界を変えるデザイン展』のトークショーに行ってきました。
そのタイトルは、ズバリ、

「デザインは世界を変えられるか」

わたしが模索し続けるテーマでもあります。
(ここまでアカデミックではないけれど…)

「世界のデザイナーの95%は、世界の豊かな10%の人に向けてのみ、
デザインをしている」という事実があるそうです。

だけど、そんな時代はもう終わり。
これからは、デザインは、

「守秘義務があり守るもの」から、
「社会で共有するもの」に、

「企業を豊かにするもの」から、
「社会を豊かにするもの」に、

シフトしていきましょう!
そんなプレゼンテーションがありました。

このトークショーに参加していたのは、150名程度。
その大半が20代のデザイナーさんで男性だそうです。
社会活動に熱心な若い男性を、
「ソーシャル系男子」と呼ぶそうですが、
ここ最近、そんな人たちがぐっと増えている。
そして、ただ理想論を追いかけるだけではなく、
ちゃんと課題や問題(主にファンドレイジング)が見えている。
それに対するアクションも起こしている。

「デザインは世界を変えられるか」

長丁場のトークショーを経て、わたしが出した答え、
やっぱりここでもどう考えても「イエス」なのです。
だから、まだまだ進んでみます。

それにしても、デザインの話に触れると、
ドイツ・ベルリンに戻りたくなります。
息子を連れての渡独を妄想したり…?!
ま、独り言です。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する