沖縄で植えたヤシの苗木の話
一ヵ月遅れになってしまいましたが、沖縄報告。

今回は、妹夫婦とまったくのプライベート旅行でしたが、
ここでレポートすべきことがあります。
(って、そんなに改まらないでね!)

実は、2005年夏に、アースデイ東京の企画で、
アースデイ東京の敏腕事務局長、悠くんと二人で、
沖縄県糸満市を訪ねているわたくし。

目的は、翌年(2006年)に、中国→韓国→日本で展開する、
アースデイフレンドシップウォークの詳細ルートを詰めるため、
当時、沖縄本島で植林しながらウォークを繰り広げていた
「木を植える男」ポール・コールマンさんに会いに行ったのでした。

そして、わたしたちはウォークに参加。
(参加と言っていいのかしら…ほんの少しだけ)

その日は、ちょうど終戦記念日で、
糸満市長さんに会いに行き、糸満市のご厚意で、
地元の方ががパールハーバーで種を拾って育てたというワシントンヤシを、
沖縄本島最南端の喜屋武岬に植林しました。

喜屋武岬は、米軍に追い詰められた兵士たちが逃げ場をなくし、
岬から飛び込んで自決したという土地。

アースデイ東京2006としてもひとつ植林。

悠くん、頑張っています。

okinawa05 026.jpg

okinawa05 033.jpg

お水もあげました。

okinawa05 043.jpg

ポール・コールマンさんと
奥様(当時は通訳)で作家の菊池木乃実さんもこの笑顔。

okinawa05 044.jpg

多くの人が集まり、唄い、

okinawa05 048.jpg

ジェンベまで登場!

okinawa05 053.jpg

そして、お祭りのあとは、海に沈む夕日を眺めながら濃~い打ち合わせ。

okinawa05 074.jpg

そして、今回。
このヤシの木がど~んなに大きくなっているのだろう!と、
一緒に行った家族に無理を言い、胸を躍らせ見に行くと…





ないの。

P1010392.jpg

辛うじて生き残っていたのは、ポールが植えた苗木だけ…。

P1010387.jpg



…残念過ぎて、納得のいかない私。
一緒に行った家族は、笑い飛ばしてくれたけど…。
3時間かけて南下したことを思うと…
裏切られた気分。

そして、先日、糸満市へ電話してみました。
「すぐには分からないから折り返します」とのこと。
そりゃそーだ。

待つこと5分。
夕方だったにも関わらず、すぐに対応してくださいました。
電話をくださったのは、当時現地コーディネートをされていた方。

話を聞くと、当時植えた苗木は、
今生き残っているポールの苗木の他に4本で、
度重なる台風の時に波がかかって、
潮がかぶって、ダメになってしまい、
これまで3回も植え替えてくださったそうです。
現在、苗木を大きく育てている最中だそうで、
今年の台風シーズンが終わるであろう11月ぐらいに再度移植します、
とのことでした。

言うまでもなく、すべてボランティアです。
ポールの想い、わたしたちの想いを大切にしてくださっている、
そんなほっこりとした温かい気持ちを感じました。
そして、少しでも「誰かに抜かれたのかなぁ」と疑った自分を
恥ずかしくも思いました。

以上ご報告です。
沖縄に行かれた際は、喜屋武岬で平和を祈りつつ、
その周りに植えられたヤシの木のケアをお願いしますね。

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
はじめての保育園
2010-07-11 19.04.00.jpg


ひさびさに息子ネタ。

いま「まさに反抗期」な息子。
とはいえ、ちゃんと話せば、それを理解し、
(なんとか)行動に移せるので、
まぁ、まぁ、良しとするか、
(そうじゃないと、わたしのイライラがぁぁぁっ)
そんな毎日です。

そして、昨日、ついに保育園へ。

結構な量の仕事を抱えつつも、
いままで頑なに息子を保育園へ預けなかった私。
その理由は、保育園生活をリアルにイメージ出来なかったから。

私は、「子ども最優先!」の母親のもとで育ったからか、
保育園へ預けることに非常にネガティブなイメージを持っていました。
「お母さんといられずに可哀想な子」と思っていました。

今思えば、なんて閉鎖的な考え方…。

だけど、自分が「母」という存在になり、
「仕事人」「女性」「妻」「母」、そして「家政婦(?)」…
という立場をすべてこなそうとする、となると、
やはり息子を見てもらう手が必要だと実感したのです。

今までは、二人の母と妹に見てもらっていましたが、
とうとう反抗期に入ってしまった息子、
この子を見るには、一日捨てないといけない、
しかも、秋に妹は「母」になり、
その慣れない「母」を実家の母はサポートしていくわけで…。

というわけで、決心!
まずは、一時保育から。

昨日、その初めての登園でした。
朝、保育園に行くと、
「ひーくん、おはよう~」と先生。
怯む息子。
先生は、その息子をすっと抱っこしてお部屋へ。

そのまま、バイバイでした。

奥の部屋から、息子の泣く声。
あぁ~、なんて切ないの~。

3時間後、迎えに行くと、
息子は、ダダダダ…と駆け寄ってきて、
笑顔で私に抱きついてきました。

「楽しかった?」と聞くわたしに、
「たのしかったよ!!!」と即答。

はぁ~、良かった。

そんなこんなで、とりあえず一日目が終了。
さて、二日目の明日は、ちゃんと行ってくれるのでしょうか。
こうやって、息子とともに、母であるわたしも自立していくのですね。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
REPORT: Happy Wrappin' Flowers
Happy Wrappin' Flowers、終了しました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!!!

今回は、北千住マルイ5Fにある「こどもテラス」での開催。
先日4月にリニューアルされたばかりのフロアは、
インテリアに使われている色が綺麗で優しく、
たくさんの元気な子どもたちが集う心地よい場所でした。

P1010587_s.jpg


わたしたちは、11時と14時の2回、ワークショップを開催しました。
不要になったラッピング用品
(今回は主にショッパー、いわゆるお店の紙袋)を使って、
お花を作りました。
材料は、こんなかんじ。

P1010568_s.jpg

今回は、本物の枝を使いました。
周りにあるのカラフルな紙は、花びらとして使うもの。
枝の下の四角い紙で、めしべを作っていきます。
すべて、ショッパーを切って作りました。
本来は、参加者の方に、型を取り、切り取り…
すべてやっていただくのですが、
今回は、体験時間の関係上、途中までお手伝いです。

途中バタバタしてしまい、
あまり写真がないのですが…。

小学校低学年ぐらいの可愛い女の子、
アーティストの先生の話を真剣に聞いています。

P1010595_s.jpg


(こちらはディスプレイですが…)
仕上がりはこんなかんじです。

P1010573_s.jpg

P1010577_s.jpg

P1010578_s.jpg

ハート型の花びら、四角い花びら、鳥の足跡のような花びら…
それにさまざまな柄が加わり、
色とりどりのお花が咲いていきます。


某百貨店のショッパーも、こんな可愛いお花になりました。

P1010581_s.jpg


また開催出来たらいいな~と思っています。
今度は、はたまたかたちを変えて。

そして、Happy Wrappin' Project、
次なる新企画を考え中。
この夏、各方面にご提案出来ればいいな~と思っています。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
7/11(日)ワークショップのお知らせ
7/11(日)にHAPPY WRAPPIN'のワークショップを開催します。
北千住マルイでの開催ですが、
IID(世田谷ものづくり学校)がコーディネートに入っています。
ここ最近、人気をいただいているワークショップです。
皆さん、一度体験してみませんか~?!

052-1.jpg

Happy Wrappin' Flowers!
いらなくなったラッピング用品からお花をつくろう!

シーズンオフで、残念ながら残ってしまった紙袋やフライヤーで
お花を作るワークショップ。
マルイにあるお店の、不要になった紙袋も使います。
花びらは、自分の好きな色や柄を使って組み合わせて…。
一緒にお花を咲かせましょう!

【講師コーディネート】IID世田谷ものづくり学校

●開催時間:①11:00~ ②14:00~ (各回30分~60分)
●講師:アーティスト山野さつき
●参加費:税込1,000円(道具、材料費込み)
●定員:8人 
●持ち物:紙質が固めの不要になった紙袋
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
keyth…
keyth…

友人が逝った。
30半ばの若さで。

初めて彼と出会ったのは、昨年の夏。
実は、まだ一年も経ってない。
夫が手掛けるイベントのことで相談があり、紹介してもらった。
「マリエちゃんとフジロックに行ってきた~」
そんな話から始まり、仕事の話や、食の話まで、
陽気に、いろんな話をした。

共に、九十九里浜でビーチクリーンをした。
彼の企画する「HOME FOOD」という、
オーガニックカフェイベントにも行った。
秋に、代々木公園から国連大学まで歩き、
カフェに入って、延々と話をした。
渋谷パルコに出来たROOTOTE GALLERYのオープニングの時も一緒だった。
そして、HAPPY WRAPPIN'のニューイヤーパーティを共に企画、
満員御礼の、超クールなパーティになった。

その日、夜中の1時頃、バックヤードで煙草を1本吸って、
桜丘から246まで歩き、
歩道橋の下で「おつかれさま~」のハグをして、
わたしたちは別れた。
彼はクラブに行き、わたしは家族のもとへ戻った。

それが最後。

今日は、彼の告別式だった。
本当にいなくなった。

いつも子どもみたいに、
「それ、なに??!」
「それは、なんでこうなるの?」と聞いていた。
そんなことも知らないの?!と思うようなこともあったけど、
知らないことを恥じることもなく、
「だって、知らないんだもん」と真面目に聞いていた。
純粋な30超男だった。

パーティの打ち上げに韓国料理に行く約束をしていた。
パーティ第二弾は、夏に、
そのときは、不要になったラッピング用品で、
「わたしたちはドレス、キースさんはふんどしでDJね!」
「いいよ~、やるやる!」
そんな話もしていた。

これからもっともっと友だちになるはずだった。

rest in peace…
貴方と、貴方の美しい人生に、
少しでも触れられて良かった。
ありがとう。

404_s.jpg
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する