414フレンドリーデー09のテーマ
プルミエール_1.jpg


ここで、あらためて、春のフレンドリーデーについて、
ご紹介しておこうと思います。

今年は、

414 FriendlyDay
for baby and mother

for baby and mother をテーマに、
ホワイトリボンアライアンス(世界的なアライアンス、
ロンドンでは、現在、ELLEとナオミ・キャンベルが熱心に取り組んでいる)
と一緒にイベントを開催したいと思っております。
 
ホワイトリボン運動については、コチラ。

何故、for baby and mother なのか。
これは、わたしの出産体験に遡ります。

当時は、わたしは死産まで覚悟をしていて、
「これまで幸せに生きて来られたのは、この悲しみが待っていたからか」
と、挫けそうなこころを、腹の底にぐっと力を入れて立て直し、
次々と告げられる原因不明の困難と戦っていました。

そんなとき、今のわたしとお腹の子の状況を調べようと、
寝ながらPCを開くと、映画『プルミエール』の広告に目が留まりました。
『プルミエール』は、世界中の妊婦さんが母になることを選び、
出産に挑んでいく、ドキュメンタリー映画です。
その短い予告動画の中で、わたしよりも、もっともっと過酷な場所で、
過酷な条件で出産している母親がいることを知りました。
そんな母親たちが感じている気持ちを思うと、
わたしは挫けてはいけない、わたしも命を産み、
そして、困難を抱えている世界中の母親たちの力になりたい!
と、『プルミエール』をキーワードに、いろいろ調べた結果、
ホワイトリボン運動があることを知りました。
この時点で、09年のフレンドリーデーのテーマとコラボ先は、
決まっていたんだと思います。

今度の日曜日に、スタッフ全員とコラボ先のスタッフさん数名と、
ホワイトリボン運動の勉強会を開きます。
関わる人すべてが、この問題を理解し、私たち日本人に何が出来るか、
第三者に伝えて欲しいと思ったのです。

会場難航の理由も、テーマがfor baby and mother だから。
入口までは、なるべく段差のない会場を選びたいから。

そして、最高に心地よい空間にした上で、
ホワイトリボン運動への寄付に繋げていきたいな、と思っています。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<ホワイトリボン勉強会 | 会場が決まりません… >>