blog再開します!
しばらくの間、ブログを勝手にお休みしてしまい、ごめんなさい。

実は、ブログをお休みしている間に、わたしは一児の母になりました。
元気な元気な男の子です。
明日で、息子が誕生して、ちょうど一ヶ月を迎えます。

唐突のことで、驚かしてしまったらごめんなさい。

実は、このブログで妊娠を公開出来なかった理由がありました。

わたしの妊娠経過は、原因不明の問題ばかりで、
妊娠8ヶ月を迎えた頃に、下腹部激痛のために救急車で搬送され、
そのまま入院、出産まで絶対安静の日々を過ごしておりました。
切迫早産(赤ちゃんが今にも産まれてしまう状態)か、
胎盤機能不全(わたしの胎盤が機能していない状態)か、
子宮内胎児発育遅延(赤ちゃんが育っていない)か、
思い当たるさまざまな原因を探って、
赤ちゃんの命を第一に考えながら、
不安な不安なマタニティ生活を送りました。
「命を産む」ことがここまで大変なこととはつゆ知らず、
不安と混乱のなかで、たくさんの涙を流しながら、
わたしの子の命について、
そしてこの世に存在するあらゆる命について考えました。

日々、わたしの状態と赤ちゃんの状態を見ながら、
「明日にもおなかの外に出してあげなきゃいけないかもしれない」
という状態が、約二ヶ月半続き、
その間、わたしは、妊娠について、胎児について、
本やインターネットを読み漁り、情報を得ました。
「知らなかった…」という状態を避けるために。

結果、「この心配は何だったの??!」と安心して腰が抜けてしまうほど、
息子は予定日を1日過ぎた日に、元気に産まれてきてくれました。
体重も平均的な2826g。
一ヶ月が経つ今は、きっと4000gに近付いているのでは。

赤ちゃんを授かり、無事に出産し、
すくすく育っていくこと、
これは、本当に奇跡的、と身をもって体験しました。
そして、毎日自分の子どもを抱いて、
「あー、こんなところに脈が通ってる」とか、
「爪が伸びるの、早いなー」とか、
人として生きていくのに当たりまえのことが、
非常にスバラシイことに思えて仕方なくて、
多少視力が弱くても、足が不自由でも、
ましてや、奥二重が気に入らないとか、
髪の毛が癖毛で嫌だとか、(わたしのこと…?!)
命を持ってこの世に生まれてきて、生きていること、
これがどんなにスバラシイことか、教えてもらった気がします。

今、ここに生きている自らの命、我が子の命、
そして、この世に存在するすべての命に改めて感謝しているところです。


というわけで、新たな視点を持った藤田のブログ、
今日から再開したいと思います。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<えがお | test >>