フレンドリーデーに寄せて
今年もこの日が来ました。
4月14日、フレンドリーデー。
世界中みんなが仲良くする日。

フレンドリーデーの明日は、
通勤通学の電車の中で、車の中で、
あるいは、コーヒー片手にちょっとブレイク、な時、
はたまた、トイレの中で…?!
どうしたら世界が仲良くなれるのか、
世界中みんなが仲良くできたら何がどう変わるのか、
そんなことを考える時間を取ってみてください。

いま、世界では、信じがたい残酷な出来事が起きています。
それも、一度でなく二度三度、世界中のあちらこちらで。
そのことを思うと、
「世界中みんな仲良く」など
呑気にメッセージできるはずもないのですが…、
それでもやはり「世界中みんなが仲良くする日」
を呼びかけようと思います。

呼びかけを始めたばかりの頃、
フレンドリーデーのメッセージは、
「青い」「叶いっこない」
そんなことを言われたことがありました。
最初は、その言葉にショックを受け、
それでも信じたいと思い続けていたわたしも、
大人になり、世界についての知識が増えていくにつれて
「世界中みんな仲良く」が
どんなに非現実的なメッセージであるかも
わかりかけていました。

そして、大変なことが起こった今年の冬、
もうフレンドリーデーをメッセージすることは
できないのではないか、と思いました。

わたしは、新聞やニュースを読み漁り、
言葉にできない思いを抱きながら
フェイスブックを見ていると
こんなメッセージを見つけました。

10968443_10204075968884380_3302004446052030913_n.jpg

聞けば、海の近くに住む8歳の女の子による言葉。
今冬の大変な出来事を意識して描いたものかは分かりません。
だけど、わたしは救われる思いがしました。
「世界中みんな仲良く」を信じてもいいのだと。
子どもたちに堂々と語り続けていいのだと。

この絵を描いた子を含むいまの子どもたちは、
戦争体験者の生の声を聞くことができない世代です。
この女の子も生の声を聞いたことはないでしょう。

これまでの歴史や世界情勢を知らない女の子が、
素直にこうメッセージしている、という事実。
直観であるこのメッセージは、
なんだか難しいことは一切抜きにして、
これがすべて、のような気さえしました。

私たちは、日本人としてどうしても守らなければならない
平和の心があるのです。
フレンドリーデーのシンプルなメッセージが、
その一助になれたら…と思います。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
| 感激!こんなにもご丁寧にご紹介いただきました! >>