Friendly Day Workshop つみきをつくろう
DSC_0266.JPG

'Friendly Dialog'のまえに、
つみきのワークショップをしました。

教えていただいたのは、住宅作家の田村美奈子さん。
One's workを主宰されています。
実は、母子で通っている和太鼓教室のママ友です。

住宅資材の廃材を使って、つみきを作りました。

子どもたちと一緒にやすりをかけていくのですが、
見た目より大変なこの作業…
5段階に分けてやすりをかけていきます。

DSC_0316.JPG

最初は、緑色のやすりからスタート。
みんな、必死です。

DSC_0234.JPG

DSC_0252.JPG

そのうち、子どもたちは遊び出し…
(下の写真の子どもたちに注目!)
大人はぺちゃくちゃ話しながら、
やすりがけにどんどんハマっていきます。

DSC_0240.JPG

つるつる、すべすべになったら、
キヌカという米ぬかから作られた塗料を塗っていきます。
自然素材だから、手に付いても大丈夫、
さらには、赤ちゃんが舐めてしまっても大丈夫、
そんな塗料です。

塗料は、ハケで塗っていきます。
さっきまで遊んでいた子どもたちも、
塗る作業になると、はたまた興味津々。
ハケの取り合いになるほど。

そして、最後に、
田村美奈子さんオリジナルのハンコを押して完成です。

そのハンコにも、うっとり…。
どれもがかわいいのです。
女子ゴコロ、打たれまくり、と思いきや、
ちゃんとショベルカーもあったりして…?!

DSC_0286.JPG

そうそう、実は、このつみきの木、
もともとはすべて同じ木から発生した廃材だそう。

ひとつの木から発生した廃材で、
フレンドリーデー(世界中みんなが仲良くする日)に
子どもたちとみんなでつみきをつくって、
それがそれぞれの家庭で大切に使われる…
そして、フレンドリーデー2012の思い出になる。

そもそもは、み~んなひとつ。
み~んな繋がってる。

な~んてすてきなストーリー。

こんなすてきな演出をしてくださったり、
かわいいはんこを提供してくださったり、
自然塗料を選んでくださったり…
たくさんの手間をかけて、愛情を持って、
準備してくださった田村美奈子さんに、
母一同、感心しまくりでした。

今年もありがとう!
Happy Friendly Day!
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<ありがとうの気持ちを込めて… | 世界中みんな仲良くするには?! >>