東日本大震災における被災産婦に義援金を!
日頃、さまざまなプロジェクトでご一緒させていただいている
ジョイセフさんより、緊急のお願いが届きました。

東日本大震災における被災産婦に
直接支給する義援金「ケショ」の資金不足により、
更なる支援の呼びかけを!というお願いです。

ジョイセフさんが7月1日より支給を開始した
「ケショ」の対象者(支給者)が、
2011年11月12日現在、2004名に達しました。
http://www.joicfp.or.jp/jp/tohoku_earth_quake/tohoku_how/kesho/sokuho/

今後、被災産婦の数は12月末までに2800名を超えると予想されます。

支給を開始した当初、
「義援金の資金がなくなった場合は、早期に支給を締め切る」
と告知しておりましたが、
避難生活を続ける産婦さんからの強い継続の要望をいただいており、
12月末日までの期限付きで、
緊急の支援(寄付金)の呼びかけを決定いたしました。

現在、被災産婦800名分の義援金が不足しているそうです。
一人につき、5万円の支給になるので、総額4000万円!!!

12月にジョイセフが主催するMODE for Charity 2011では、
(FDI藤田がコンセプターをつとめています)
タンザニアの妊産婦支援を呼び掛けるに加え、
この不足している被災産婦への義援金をも呼びかけます。
が、まだまだ足りません。

とても大きな金額ですが、
不安な日々だった私の妊婦生活を想っても、
やはりどうにかして力になりたいな~と思います。

チリも積もれば…の精神で、
どうか皆で少しずつ支援できれば、と思います。

◆支援金のご寄付は、下記よりお願い致します◆
http://www.joicfp.or.jp/jp/tohoku_earth_quake/donation_tohoku/
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<2011年もありがとうございました… | たまには、アートの話を。 >>