本日の読売新聞から…
本日の読売新聞に、地雷の被害を受けた女性の記事が掲載されていた。
エジプト北西部に住む彼女が羊を追いかけていたところ、
地雷を踏んでしまい、一瞬にして、両足、右腕、視力を失ったという。
彼女は、23歳。まだ若い。
だけど、両親の手伝い無くしては、生活が出来ない。

その記事によると、未だに撤去出来ていない地雷は何千万個もあると…。

以前、タイの地雷撤去活動に微力ながら協力したことがあるけれど、
現場はそんなレベルの話ではないんだと思う。
「今」この瞬間に地雷を踏んでいるかもしれない。可能性は常にはらんでいる。
先進国に生きるひとりの人間として、何が出来るだろう、何が出来るだろう…と
繰り返し考え、結論が出ないまま、毎日を平和に過ごすわたしがいる。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<リユースTシャツ販売します! | 足浴のススメ >>