REPORT:to Mothers -みちのく-[後篇]
さて、後篇です。

少し休憩をはさみました。
小さなお子様が多いことと、
チャリティオークションや、チャリティグッズに
目を向けていただきたいためです。

auction2_s.jpg

みなさん、欲しい商品にエントリーしていきます。

goods_s.jpg

グッズの売れ行きも好調でした。

シュシュサンプル画像.jpg

中でも、mishima&Co.さんのご協力により商品化された、
アフリカ布を使ったシュシュ。
布をたっぷり使った大きめシュシュが「可愛い!」と大人気!
子ども用は完売でした。

そして、子どもたち。

kodomo_s.jpg

kodomo2_s.jpg

当日は、子どもスペースを用意し、
子どもたちが自由に遊べるようにしました。
スタッフは、全員プロ。
幼稚園や保育園の先生方が、
ボランティアでお手伝いくださいました。

間もなく休憩も終わり、メインのトークへ。

talk_s.jpg

実は、この日、発起人のひとりである大橋マキさんが
体調不良のために欠席、
同じく発起人である橋本亜紀さんが、
仙台で活躍されている「ママとシネマ実行委員会」代表の
眞野美加さんをお迎えするかたちでトークを展開しました。

なんでこのホワイトリボン運動に共感したの?!
最初にしたアクションは、ズバリなんだった?!

そんなことを中心に、和やかなトークが進みエンディングへ。

最後は、国際協力NGOジョイセフの事務局長石井澄江さんより
ごあいさつをいただきました。

++++++

初の遠隔プロデュース、そして初の五感をフルに使ったイベント、
そして、ひとりだけのアウェイ。

今回、わたしは、「仙台で」「仙台の方々とともに」「仙台から」
という3つのキーワードに徹底的にこだわり、企画しました。
わたし以外は、全員仙台はホーム。

これから本プロジェクトは、東北地方を巡回する予定ですが、
この部分は、かならずこだわりたいな、と思っています。

ご参加、ご協力いただいた皆さま、
本当にほんとうにありがとうございました。

なお、イベントの様子をノーカットで見ることが出来ます。
仙台発インターネットテレビ局"アリティーヴィー"さんのご協力で。

以下をクリックすると見られます。
是非、ご覧くださいね。

[前篇]http://www.ustream.tv/recorded/11185694
[後篇]http://www.ustream.tv/recorded/11186428

公式WEBページは、コチラ。
http://tomothers.exblog.jp/

冨永愛さんや一色紗英さん、新山千春さん、
そして、地元の有名アナウンサーさんをはじめ、
一般の方々にもアクション宣言に参加いただきました。
こちらも是非、ご覧くださいね。
http://tomothers.exblog.jp/i12/
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<『ティンガティンガバザール』のお知らせ | REPORT:to Mothers -みちのく-[前篇] >>