今日は、稲刈りでした
2010-09-19 17.04.36.jpg

今日は、いつもお世話になっているスーパープランニングの皆さんと、
ミスターフレンドリーの田んぼの稲刈りでした。
ミスターフレンドリーが田んぼに浮き上がるように、
春に、赤米(古代米)とこしひかりを使って田植えをしていました。
そして、今日。稲刈りの日。

2010-09-20 12.58.40.jpg

この写真、分かるかな~?!
ミスターフレンドリーの足元から撮影。
実は、今年は、顔まで描いているのです。
が、わたしの手元には写真がない…。
コチラに掲載がありました。
http://event.inaka-nikki.net/cat197/mrfriendly/

基本的には手刈りです。
ひとり一つずつ鎌を持つので、
危険行為がないよう、最初にレクチャーを受けます。

2010-09-20 13.00.30.jpg

そして、希望者は、コンバインに乗ることが出来ます。
「コンバインに乗りたい人~~~」と呼びかけると、
(いや、呼びかける前に、かな?!)
男の子が続々と集まってきます。

2010-09-20 12.59.18.jpg

息子にとっては、コンバインは日常。
「みんなは明日も明後日も乗れないから、譲ってあげようね」
と言うと、案外すんなり納得。
田んぼのぬかるみにはまり、何度も長靴が脱げながらも、
一回一回「これ、おこめ?!」と確認しながら頑張って刈っていました。

2010-09-20 14.09.43.jpg

まだまだ大きいミスターフレンドリーのTシャツを着て、
パリ仕様のミスターフレンドリーの手ぬぐいを頭に巻いて…。
なんだかずんぐりむっくり。
スタッフから、「おっさん」と呼ばれていました。アハハ。

実は、息子にとってははじめての稲刈り。
昨年は小さく、田んぼの畦道でフラフラ遊んでいるだけでした。
今回、息子と一緒に稲刈りを体験してみて、
田んぼの中で教えることがたくさんありました。
おこめの実り方はもちろん、
田んぼのぬかるみを歩くことが難しいこと、
そのぬかるみを歩くと、ぐちゅぐちゅ音がすること、
ぬかるみの上に草があると歩きやすいこと、
転ぶと手が汚れること、
疲れること、
大きなカマキリがいること、
バッタがいること、
蛙がいること、などなど。

ま、わたしは農業に密接な環境に嫁いだわけですが、
それでも田んぼに入るのは、イベント時だけ。
1年に1度の田植えと、1年に1度の稲刈りを、
毎年繰り返していかれたら、と思っています。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<仙台 | 秋バテ >>