9/16(木)ホワイトリボン勉強会in仙台のお誘い
朝晩はすっかり秋めいてきた今日この頃、
みなさま、いかがお過ごしですか~?!

わたしは、すぐれない体調と戦う日々を過ごしています。

さて、本日はお知らせです。

春に、国際協力NGOジョイセフと共に立ち上げ実施した
'MODE for Charity 2010 babies and mothers'
そこで、出会った賛同人のおふたりとフォトグラファーが、
「仙台」という町をキーワードに歩み寄り、語り合い、
それぞれが大好きな「仙台」からもこのメッセージを発信したい、
と一致団結、新しいプロジェクトが始まりました。

その名は、'to Mothers -みちのく-' です。

tomothers_kihon.jpg

発起人は、
大橋マキさん(アロマセラピスト・アロマ空間デザイナー)
橋本亜紀さん(株式会社トウ・エンジェル代表)
東海林美紀さん(フォトグラファー/ジョイセフ所属)

わたしは、プロデュースを担当しています。

7月に、その「仙台」へリサーチに行きました。
主要メディアへごあいさつへ行き、
どのようなコラボレーションがあるか、探りました。

そこで感じたこと。

プロジェクトを始める前に、まずは、
関わる人間がホワイトリボン運動に関心を持ち、勉強し、知り、
それを第三者に語れるくらいの知識が必要だと…。
プロジェクトに関わる全員が、
「ホワイトリボンはねっ…」
「いま世界ではねっ…」
と語れなければ、本当の支援に繋がらないと思うのです。

そこで、9/16(木)に「仙台」で「ホワイトリボン勉強会」を実施します。

仙台にご縁のある方、お知り合いがいらっしゃる方、
是非広くお声がけをお願い致します。

子連れママも大歓迎です!
まだまだ命がけといわれる途上国での妊娠・出産について、
同じママとして共に感じ合い、考える機会になればいいと思います。

ちなみに、本イベントは、12/1(水)at.せんだいメディアテークです。
その詳細につきましては、後ほどお知らせさせていただきますね。

☆----------

日時:9月16日(木)14:00-15:00
場所:仙台市青年文化センター エッグホール
内容:
・'MODE for Charity'の動画レポート
・発起人あいさつ
 ⇒大橋マキ(アロマセラピスト)
 ⇒橋本亜紀(トウ・エンジェル代表)
 ⇒東海林美紀(フォトグラファー/ジョイセフ所属)
・'to Mothers -みちのく-'概要説明
 ⇒'to Mothers -みちのく-'ディレクター編田博子
・途上国の妊産婦と赤ちゃんの現状について
 いま、わたしたちが出来ること
 ⇒財団法人ジョイセフ広報グループ小野美智代様)

参加費:1,000円
(内100円をジョイセフに寄付致します)

★プレゼント★
アロマセラピスト大橋マキさんより、ご本人プロデュースのアロマオイル
'Mother'を抽選で1名様にプレゼントさせていただきます!!!
 
【お申込み方法】
1.専用フォームでのお申込み⇒ http://p.tl/mord
2.E-Mailでのお申込み⇒ michinoku.mode@gmail.com
 件名「イベント参加申し込み」
 ・おなまえ(フリガナ)
 ・メールアドレス(半角英数字)
 ・性別
 ・郵便番号
 ・住所
 ・電話番号
     
※人数は、先着50名様とさせていただきます。

----------☆
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<夏の海に感謝を込めて… | REPORT:SLOW MUSIC SLOW LIVE '10 >>