4月9日は、子宮の日!
LOVE49(子宮)プロジェクトの呼びかけ人をしています。

ということは、わたしは、4月9日「子宮の日」について、
ここで触れなければならないし、
それにまつわるイベントへのお誘いもしなければならないはず・・・。
なのに、なのに・・・。
忙しさにかまけて、仕事ばかりの日々を送っているあいだに、
いつの間にか4月9日が過ぎてしまっておりました。

反省。
一生懸命活動されている皆さま、ごめんなさい。

4月9日は過ぎてしまいましたが、ここで是非お知らせさせてください。

みなさん、子宮がん検診を受けていらしゃいますか?
わたしは、25歳ごろから検診を受けています。
そのきっかけは、イベント。
子宮頸がんを考える市民の会のブースで、子宮頸がんについて知り、
子宮がん検診の大切さを知りました。

実家のある自治体は、綺麗な産婦人科で検診を受けることが出来ました。
その金額は、当時800円。

結婚し、田舎に引っ越してからは、
役場に来る検診バスに乗り込み、
おばちゃん、おばあちゃんと一緒に、検診を受けています。
500円。

確かに、検診バスに乗り込み、着替え、内診を受け、
「はい、次!」「はい、次!」と、
機械的に検診を受けるのは気持ちのいいものではありません。
だけど、本を購入するよりも安いお金で、
自分の子宮を守ることが出来たなら・・・
それに超したことはないと思うのです。

子宮を守ることは、未来をつくることに繋がります。

このLOVE49のプロジェクトをきっかけに、
多くの女性が検診に出かけることを「日常」にしてくれたらいいな、
そう思っています。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<二年前の今日、そしてアクションのお願い | リユースTシャツ準備完了! >>