来年のフレンドリーデーは…
明日から12月。

すでに来春の「フレンドリーデー」の企画が始まっています。

babies and mothersというテーマを設けた2009に引き続き、
来春も財団法人ジョイセフさんとタッグを組み、
「フレンドリーデー」から「母の日」までキャンペーンを展開します。


MC_logo.jpg


'MODE for Charity 2010 babies and mothers'
そのキャンペーンの名前です。

いま、開発途上国のいたるところで、さまざまな要因によって母親となる女性たちが命を落とし、新たな道、夢、そして未来が奪われています。その理由の多くは、例えば、栄養失調や栄養不足、劣悪な衛生面、技術と知識のある助産師の不足、保健医療サービスの欠如、数多く広がる無医村、自宅から病院まで片道10 キロから20 キロの距離を数時間かけて歩き手遅れになる急患、貧しいために町までバスに乗れず医者に診察をしてもらえない村人、古い因習などです。

そこで、私たちはクオリティ高いファッションやイベントを通し、これらの問題をひとりでも多くの方に知ってもらい、少しでもいい方向に解決しようと立ち上げられたプロジェクトです。

わたしは、このプロジェクトの生みの親、名付け親でありながら、
この'MODE'という言葉にかなりの神経を使い、
プロジェクトを進めています。
しっかりと確立された'MODE'という言葉と、
神聖な'Charity'という言葉から、
みじんの油断を許されないような厳しさも感じています。

約2年前の自分の体験から、自然なかたちで決まったテーマに、
賛同してくださる方々が続々と集まり…
来年は、キャンペーンの展開。

全神経を集中させて、この問題に向き合いたいと思います。


明日(12/1)、そのwebページがアップされる予定です。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<MODE for Charityのウェブページが立ち上がりました! | 今度は、WRAPPIN' BOOKMARK! >>