414 Friendly Day 2009 を終えて
414 Friendly Day 2009 for babies and mothers
19日(日)に無事に終了いたしました。
ご賛同、ご協力いただいた皆さま、ありがとうございました。


まずは、会場に行かれなかった方に、
会場の様子をご紹介いたします。


まずは、写真展。


CIMG1397-1.jpg


CIMG1393-1.jpg


二階へ上がる階段にも作品が展示してありました。


CIMG1402-1.jpg


そして、メインエントランスにも一作品。


CIMG1410-1.jpg


IDEEさんの家具に溢れた店内。


CIMG1400.JPG


CIMG1401.JPG


会場の入口には、イベントのコンセプト等を説明したパネルが。


CIMG1395.JPG


アロマはこの機械から噴霧されます。
水を入れて蒸発させるのではなく、オイルをそのまま噴霧するので、
香りがスムーズに広がり、長く持続するそうです。
タイマーもついています。


CIMG1406.JPG


使用済み切手&カードの回収ボックスの設置。


CIMG1388.JPG


4/12(日)に開催されたトークセミナーの様子については、
コチラをご覧ください。


フレンドリーデー2009にご賛同、ご協力いただいた皆さま、
本当にありがとうございました。
今年のテーマは、for babies and mothers 、
藤田の個人的な経験に基づいたテーマにも関わらず、
政井マヤさん、大橋マキさん、丸の内カフェさんをはじめ、
多くの方々にご賛同、ご協力いただき、
イベントを企画実施出来たことに心から感謝しております。

私自身、育児をしながらのイベント作りは、初めての経験で、
それを見越して、例年よりも2ヵ月早く企画を始め、動き出しましたが、
やはり最後は家族の手を借りずには、実施することが出来ませんでした。
ただ、お子を預け、外出し、そのまま都内で打ち合わせ数件、
お風呂の時間に合わせて帰宅し、お子を寝かしつけた後にPC作業…
という生活は、一見、大変に思えるかもしれませんが、
わたしには育児の合間の息抜きの時間にもなっていました。
毎日、充実感を感じながら過ごすことが出来ました。

今回のイベント作りは、皆さん一人一人の協力無くしては
成立しなかったなぁ…と改めて感じています。

「世界中みんな仲良く」と掲げるフレンドリーデー。
そのコンセプトは、いかにも単純で、あまりにも「青い」。
ただ、この地球には様々な問題が溢れています。
今も尚続く戦争や紛争、環境問題、貧困格差の問題、
経済問題、雇用問題、教育問題、医療問題、自殺問題など。
その問題は、多すぎて複雑過ぎて、
どう解決していけばいいか見当がつなかいほど。
だからこそ、こんな複雑な世の中だからこそ、
馬鹿みたいにシンプルに、「世界中みんな仲良く」
せめて一年に一度だけ、世界中の人が、
この気持ちを共有する日があってもいいと思うのです。
そんな想いで、フレンドリーデーの呼びかけを続けています。
FDIに出来るかたちで。
背伸びはせずに。

レポートは、完成次第、HPにアップする予定です。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<アースデイ東京終了しました! | 二つのイベントを終え・・・ >>